暢遊日本

發現你所未知的日本

讓即使是不喜歡吃米飯的孩子,也絕對會開心吃飯的「用餐玩具」

2018.2.9

ご飯イヤイヤの子どもが、絶対に喜んで食べてくれる”食オモチャ”


2~3歳になると、ご飯を嫌がって食べてくれない子も多い。パパママにとっては悩ましい限りだが、こんなオモチャがあれば悩みもちょっとは解消されそう。それが、アガツマから2月発売予定の「アンパンマン たべっ子流しそうめん」(税別5,980円)だ。

許多長到2~3歲的孩子常常不肯吃米飯。對爸媽媽媽而言,這可是個大煩惱。但如果有這種玩具,煩惱似乎也能稍微解決哦。那就是AGATSUMA公司計畫在2月推出發售的「麵包超人Tabekko流水素麵」(不含稅價5,980日圓)。



「アンパンマン たべっ子流しそうめん」税別5,980円

「麵包超人Tabekko流水素麵」不含稅價5,980日圓



このほど東京・浅草の東京都立産業貿易センター台東館で開催された「春のおもちゃ商談会 2018」にて、実物を見てきたので詳細をお届けしよう。

我們在之前於東京淺草的東京都立產業貿易中心台東館舉辦的「春季玩具洽商會 2018」上看到了實物,在此為大家送上詳情。



食事が楽しくなる工夫が満載!

巧思滿載,讓用餐變得更歡樂!



このおもちゃはその名の通り、お家で”流しそうめん”が楽しめるオモチャ。実は、流しそうめんができるオモチャはこれまでも他社から発売されているが、アンパンマンをモチーフにし、より高機能となった商品がこれだ。

這款玩具正如其名稱所示,是一款可以在家裡玩「流水素麵」的玩具。實際上,以前也有其他公司發售過可以做流水素麵的玩具,但這款商品以麵包超人為主題,性能也更高。



サイズは、W400×H100×D290mm

尺寸為W400×H100×D290mm



冷たい水とそうめん、薬味、具材さえ用意すれば、簡単に自宅で”そうめんパーティ”が楽しめる同商品。デザインにアンパンマンのキャラクターたちが取り入れられているとあって、それだけでも子どもたちが大喜びすること間違いなしなのだが、このオモチャのすごいところは細かなところまで”こだわり”が詰まっているところ。

只要準備好冷水和素麵、佐料、食材,就可以用該商品在自己家裡輕鬆簡單地享受「素麵派對」樂趣。其設計納入了動畫片「麵包超人」裡的許多人物角色,僅僅是這樣,孩子們都已經絕對超級開心,不過這款玩具厲害的地方在於,就連細節部分都充滿了「堅持和講究」。



例えば、付属のお椀にもアンパンマンの彫刻が入っていたり、アンパンマンの顔型に野菜を切り抜ける抜き型、さらに飛んでいるアンパンマン型の氷が作れる製氷皿が付いていたり……と細部までアンパンマン尽くし。

例如,附帶的碗也雕刻上麵包超人、配有可以將蔬菜切取成麵包超人臉型的模具、還附帶有可以製作飛行中的麵包超人形象的冰塊的制冰盒等等……細節部分無不充滿了麵包超人形象。



アンパンマン型の氷が作れる製氷皿も付属

還附帶有可以製作麵包超人形狀的冰塊的制冰盒



子どもが流しそうめんをすくうのはなかなか難しい。そんなことも見こして、小さな子でも上手にそうめんをすくえる「めんすくい」も付属しているもの嬉しいところだ。しかも、右利き左利き用に水流まで変更できるという。

孩子要撈取水中的素麵其實很不容易。這款商品預見到這點,特別附帶了能夠讓小孩子也輕鬆撈取到素麵的「撈面器」,這一點很贊。而且,還能根據孩子是習慣使用右手還是左來改變水流方向哦。



付属の「めんすくい」なら小さな子でも上手にそうめんがすくえる

使用附帶的「撈面器」,即使是小孩子也能輕鬆撈取素麵



同商品の対象年齢は6歳以上となっているのだが、実際にオモチャを使ってみるともっと小さな子どもでもパパママと一緒に楽しめそうだと感じた。

該商品的對象年齡是6歲(含)以上,但實際使用過該玩具後,感覺即使是更小的孩子也能與爸爸媽媽一起開心體驗流水素麵的樂趣哦。



子どもが大好きなアンパンマンをふんだんにあしらったデザインも魅力

設計中飾有深受孩子們喜愛的麵包超人,非常有吸引力



食事を嫌がる子どもには、一緒に料理をしたり、盛り付けにユーモアを取り入れたり、”子どもに食事の楽しさを教えてあげる”ことが大事だといわれている。その点、この「アンパンマン たべっ子流しそうめん」で一緒に食事をすれば、一気に子どもが食に興味を持ってくれそうだ。

對於不喜歡吃飯的孩子,普遍認為與孩子一起做菜、在餐點裝盤方面加入幽默元素、「幫助孩子領會到用餐樂趣」是很重要的。從這一點上看,如果使用這款「麵包超人Tabekko流水素麵」一起用餐,感覺孩子也會一下子變得對吃飯這件事感興趣哦。



ご飯イヤイヤの子どもが、絶対に喜んで食べてくれる”食オモチャ”


本文由「MYNAVI NEWS」提供。版權歸提供公司所有。 ※文中內容為刊載時的資訊,可能會有所變更。敬請諒解。

NEWS

中國・四國

九州

京都

北海道

北陸

名古屋

大阪

東京

東北

東海

沖繩

神戶

關東甲信越

關西